メンズ向けの美容機器の市場の小ささとデメリット

美容機器と言えば、女性が使用するものという固定観念を持った人も、まだまだ多いかもしれません。
ですが今、メンズ向けの美容機器の市場が増加傾向にあります。
まだまだ女性向けと比べるとその規模は小さいですが、成長性という点では女性向けよりも可能性を秘めていると言えます。ではそんなメンズ向けの美容機器の需要について紹介します。

メンズ向けの美容機器の需要

ある調査では、20〜30代の男性の7割、40〜60代でも5割の男性が「美容に関心がある」と答えています。
ですがその反面、感心があっても適切なケアの方法や選ぶ商品の判断基準が分からないという男性も少なくありません。
なのでまずは情報収集から始める必要があると言えるでしょう。

メンズ向けの美容機器の市場に関しては、女性のように美の追及をする事よりも、第一印象をよくしたい、女性からモテたいという需要に対応した商品が人気だと言えます。

例えばメンズ向けの美容機器で人気が高いのは、顔脱毛が可能な脱毛機器です。
女性の顔脱毛はうぶ毛対策、毛穴対策により、肌のトーンを明るくし、毛穴が目立たなく肌がキレイに見える事を目的としています。
対して男性の顔脱毛は、髭対策が目的です。

毎朝髭を剃るのは面倒くさいし、肌が髭剃り負けをしてしまい、ヒリヒリすると悩んでいる人もいるでしょう。
それに髭が濃い人だと、朝に剃っても夕方になると髭が生えて青くなってしまう人もいます。
そして髭の濃い人が苦手な女性も少なくないので、髭を脱毛したいと考える訳です。

その他、男性の美容は営業職など仕事で人と接する機会が多い人が、第一印象をよくするために行う人も増えています。
そういう意味ではモテたい、仕事の成果を上げたいという点では、実に男らしい目的で美容機器を使用していると言えます。

メンズ向けの美容機器の市場が小さいデメリット

しかし先ほども言いましたが、メンズ向けの美容機器の市場は、女性向けの美容機器の市場と比較すると10分の1にも満たない小さな市場にすぎません。そのため、商品の種類が少なく、また販売数に限りがあるため、どうしても大量販売が出来ない為に1つ当たりの価格が高額になりがちというデメリットがあります。

関連する記事